子供に対するセキュリティ対策システム

文字列の送信を防ぐセキュリティシステム

インターネットからサービスを利用するときに最初に登録をすることがあります。そのときには個人情報を入力する必要があります。名前や住所、電話番号、その他の情報を入力します。ネットショッピングであればクレジットカードの番号を入力することもあります。自分自身でわかっていて名前の入力、情報の送信を行えば問題はありません。しかし知らないうちに自分の名前、クレジット番号などの情報が外部に流出している可能性があります。

キーロガーソフトは知らないうちにインストールされ、日ごろキーボードから入力している情報などを外部に送信します。名前やクレジット番号なども保存されていて定期的にどこかに送信されてしまいます。そうなれば誰かにクレジット番号を使われたり、自分のページなどに勝手にアクセスされてしまう可能性があります。

セキュリティシステムには文字列の送信を防ぐタイプがあります。事前に情報として送られると困る文字列を登録しておきます。もしパソコンからその文字列が送信されそうなときに案内が出ます。意識的に行う場合はOKをクリックすれば送信されます。意識をしないのに突然送信画面が出てきたら勝手に送られる可能性があるので、そのときには拒否します。

おすすめ情報

Copyright (C)2017子供に対するセキュリティ対策システム.All rights reserved.