子供に対するセキュリティ対策システム

ネット銀行利用時のセキュリティシステム

ATMを利用してお金を下ろすときに気をつけないといけないのは暗証番号の入力です。何気なく行いますが、後ろから盗み見されているかもしれません。また何らかのカメラなどで撮影されている可能性があり、それによって暗証番号が見られてしまうことがあります。そうなると盗み見した人にカードを取られると引き出されてしまう可能性が出てきます。基本的には大丈夫でしょうが、そういったことをされる可能性があることは知っておくようにします。

ネット銀行は自宅などで利用することが可能です。自分の部屋で自分しかいないところで操作をしていれば誰かに盗み見されることはありません。しかしいつの間にかパスワードが見られていることがあります。キーボードからの入力を記録して送信する仕組みがあるとそこから情報が盗られます。ネット銀行ではスクリーンショットから番号を入力する仕組みがあります。

最近はスクリーンショットからの入力も読み取る仕組みがあります。あるセキュリティシステムはネット銀行対策の機能としてキーロガー、スクリーンショットからの読み取りの対策を施しているタイプがあります。ネット銀行を頻繁に利用する場合はこちらの機能がついているタイプを利用した方が良いケースがあります。

Copyright (C)2017子供に対するセキュリティ対策システム.All rights reserved.